2017.11 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新しい記事を書く

地球環境問題について

地球環境問題について-質問要旨-
地球温暖化の問超は、府民や様々な団体が連携しながら、
それぞれの役割に応じて取り組みを堆進していくことが大切であるが、
一方で、この問題は世界の国々が協調して取り組むべき人類共通の課題であると考える。
「第3回世界水フォーラム」も開催される中、本府においても、地球温暖化防止や
水問題の解決に貢献する国際協力活動を積極的に准進すべきであり、
現在、中国陳西省との間で調整中の植樹協力事業は大変有意義な取組みであると
考えるが、この事業をより効果的なものとするため、
どのように進めていこうとされるのか、知事の所見を伺いたい。

山田啓二知事答弁
次に、地球環境問選についてでありますが、
議員御指摘のとおり、この問題は我国一国で解決できる問題ではなく
国際的な視野で取組むことが大切であり、京都議定書採択の地京都府といたしても
国際的な貢献に取組むべく「地球温暖化対策プラン」の中でも、
地球温暖化防止のための国際協力を継続的に進めていくこととしているところであります。

京都府が友好提携を結んでいる中国険西省は、
京都をはじめ日本各地で観測される黄砂の発生源に位置しており、
森林伐採等が進んだ結果、洪水の発生や土壌の流出、砂漠化の進行が見られ、
これらを防止するため、植樹事業が計画されております。

府といたしましても、二酸化炭素吸収源の拡大や水源かん養、
砂漠化の防止、更には黄砂の発生防止など、
地球環境問題に貢献する国際環境協力事業として、
来年度、険西省との友好提携袖周年記念寺号の中で、
西安市郊外における植樹事業に協力していくこととし、
そのための予算を今議会でお願いしているところであります。

植樹の鋭模は現在まず100血程度を考えておりますが、
今後府民の皆様にも寄付やボランティアの参加を呼びかける等、
府内の様々な活動主体と典型・協働して取り組むこととしており、
府民の地球環境保全への意識を更に高めていただき、
その活動を広げる上でも、また、険西省との友好交流を進める上でも
大変有意義な事業にしたいと考えております。

このため、出来るだけ早い時期に、この事業への協力・参加の呼びかけを行い、
幅広く府民の参画が得られるように工夫をしてまいりたいと考えております。