2017.8 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新しい記事を書く

警察署再編成及び交番の充実等について

警察署再編成及び交番の充実等について-質問要旨-
治安が悪化し、府民の不安も高まる中、警察署・交番・警察官の姿が見えることが
犯罪の抑止にとって不可欠であると考えるが、警察署の再編整備及び交番の
充実に関し、次の諸点について、知事の所見を伺いたい。


(一)曹察署の再篤整備については、以前から検討が必要とされてきたが、
地元の中京区では、区内に警察署がなく、管轄が4警察署に分かれているため、
住民から不合理であるとの声をよく開く。
そこで、管轄区域が入り乱れている京都市内にあっては、
1行政区1警察署、人口の増減や市町村合併の動きのある郡部においては、
府議会議員の選挙区ごとに1署が望ましいと考えるが、
警察署の再編整備に関し、次の諸点について、所見を伺いたい。

再編整備を実際に准進するためには、府警察本部が長期展望を踏まえ、
実施計画を示した上で、京都市と密接な連携を図ることが重要であると考える。
安心・安全を標梼される知事として、警察署の再編整備に対する積極的な協力が
必要と考えるがどうか。

警察署の再編整備にかける意気込みはどうか。


(二)治安情勢が悪化する中、府民に最も身近な交番に寄せる期待は大きいが、
現状を見ると、近くに交番がない、警察官が不在であるといった苦情が多く、
大幅な増員が困乾な中、限られた人員の中で最大限の努力をする必要があり、
警察署の再編整備とも関連する問題と考える。
府民の交番に寄せる期待や必要性が高まる中、こうした現状の下での交番の
位置付け、今後の充実に向けた考え方はどうか。


(三)歩車分甘式信号が試行され、東洞院通、堺町通め青信号が短くなったことにより、
東洞院通の六角以南、堺町通の蛸薬師以南等の渋滞が以前に増し一て増大しており、
このため、クラクションやエンジン音等の騒音間逼、排気ガスによる環境悪化、
高倉小学枚児童の下校時の安全など、生活への影響が深刻なものとなっている。
地元では署名運動も行われており、早急に改善されるよう要望する。

山田啓二知事答弁
次に、警察署の再編整備についてでありますが、議員御指摘のとおり、
警察署は地域の安心・安全を守る砦として、大きな役割を果たしております。

それだけに、警察署が、社会の変化、交通の変化、犯罪の変化など時代の変化に対応し、
その機能をさらに効果的に発揮することが求められており、府警察本部におきまして、
「警察署等の再編整備のあり方を検討する懇話会」を設置し、
管轄区域と市町村・行政区との関係など、様々な要素を勘案し、
中長期的な視点に立って、いろいろな方々の御意見も開きながら、
再編整備のあり方について検討を進めていくこととしております。

京都府といたしましても、その検討結果を踏まえ、
警察本部とともに府議会の御意見も伺いながら、京都市をはじめとする
市町村や地域団体とも連携し、より効果的な警察運営により、
府民の安心・安全が確保されるよう、警察署の再編間題に対応してまいりたいと
考えております。

音桐裕警察本部長答弁
今、御指摘のとおり、特に京都市においては、
行政区と警察署の管轄区が一致していないところが多いこと。
また、治安情勢、道路網を取り巻く警察の情勢や環境の変化によって
警察署の業務負担の格差拡大していること。
また、一部の市町村で合餅に向けた動きが見られること。
などの問題があるところであります。

このため府警としましては、警察の機能を強化するとともに、
府民のニーズに即した、警察業務の公立運営を図るため、
統廃合を含めた警察署の再縞、管轄区域の見直しと、
それに伴う警察施設の整備について、
現在、部内に専門の委員会を設けて検討を進めているほか、
警察署ごとに住民の代表で組織されます警察署協議会におきまして、
現在、御意見を承っているところでございます。

また、来年度はただ今、知事から語答弁がありましたとおり、
有識者、自治体関係者等からなる懇話会を設置しまして、
警察署等の再編整備のあり方等について、御意見を伺うこととしているほか、
京都府はもとより、京都市ほか関係の市町村の御意見を伺いながら、
中・長期的な視野に立った、警察署の再編整備構想を策定して参りたいと
考えております。

なお、懇話会の設置に要する経費につきましては、
来年度の予算の中でお願いしているところでございます。

次に交番についてでございますが、
交番は、地域の治安維持の拠点でありまして、地域において、
住民の安全と安心を確保するための、あらゆる活動を総合的に行うための
生活安全センターとして位置づけているところであります。

議員御指摘のとおり、術頭に警察官の姿が見えることは、
犯罪の抑止につながるものでございます。
このため、街衷活動の強化は極めて重要でございまして、交番を拠点として、
街頭活動が強化されることが極めて重要と認識をいたしております。

府警としましては、交番が地域の生活安全センターとしての櫻能を発揮し、
交番を拠点として、地域の住民の要望に応える活動が、さらに強化されますように、
交番の楼能の充実に努めて参りたいと考えております。